借金の無料相談はフリーコール0120-964-395 東雲グループ 司法書士法人・行政書士 星野合同事務所

着手金0円 費用分割可 減額報酬なし 豊富な実績の星野合同事務所では担当司法書士が対応いたします。詳しくはこちらから

ホップ この一本の電話から明るい未来へ!

ステップ 借金を解決するための3つの方法+1つの知識

ジャンプ あなたの解決方法を相談してみましょう。

事業所概要

ステップステップ 借金を解決するための3つの方法+1つの知識 よくある質問 あなたの不安や疑問はここで解消!

←よくある質問TOPに戻る

身内の借金で巻き添えに

両親に借金がある場合、子である自分にはどのような影響がありますか。親が債務整理をすればすべて解決されるの?

回答

連帯保証人になっているかいないかで状況が大きく変わります。

親の借入れの連帯保証人に子どもがなっているような場合、親が借金を整理すると連帯保証人である子どもに一括での請求がされます。 子どもがこれを返済できる状態になければ、子どもも何らかの債務整理が必要になります。

連帯保証人になっていなければ、法的な返済義務は当然ありませんが、おもに同居している子どもは親の借金にひっぱられる、即ち、親が返済に追われるなかで「子どもに援助を求める」→「子どももお金がなくなる」→「子どもが借入れで親を援助をする」→「子どもの借金も膨らむ」、といった悪循環が生まれることが多々ありますので注意が必要です。

そうなる前に、またはそうなってしまっている方は、今すぐ司法書士にご相談ください。メール相談・電話相談・初回面談はすべて無料です。お話をお伺いしてあなたに合った借金の解決をいたします。


←よくある質問TOPに戻る

▲このページの上部へ